悪循環

2020年01月11日 15:27
カテゴリ:日記

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00323291-toyo-soci&p=1
まずは↑の記事をご覧頂きたい。

なぜ彼は貧困に陥ってしまったのか?
雇用制度がそうさせたというだけではない。
“ケガ(ヘルニア)→焦り→自己肯定感喪失→うつ”という悪循環を招いてしまったと考えている。

つまり、事の発端は“ケガ”である。
どんなに小さなケガであっても、日常生活であれスポーツであれ、パフォーマンスの低下の原因になりうる。
たとえば、指先を切れば手先の作業の効率が悪くなる。
それが膝や腰への外傷となれば、身体動作・身体活動に大きく影響するであろうことは想像に難くない。

では、記事の方はなぜヘルニアになってしまったのか?
そもそも、ヘルニアを発症する前からそうなる動作をしていたからであり、重い荷物の移動は発症のきっかけであり原因ではない。

おそらく、ヘルニアに対する治療は受けたであろうが、それは『ヘルニアが良くなった』というだけで『ヘルニアの再発の可能性は残したまま』である。

トレーナーとしては、ヘルニアを良くすることはできないが、ヘルニアの再発を防ぐためのトレーニングを提供することはできるのである。
そしてそのトレーニングの効果は、単にヘルニアの再発防止に止まらないということの理解に努めねばならない。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)